12

産後2~3ヶ月で抜け毛が増える人もいれば、それよりも遅く、産後7ヶ月くらいまで抜け毛が増える人もいます。 産後の抜け毛は、一般的には生理現象と考えられています。

ホルモンレベルの変動、精神的な要因、食事や休養などにより、產後脫髮程度の差こそあれ、約30%から40%の妊婦さんが産後の抜け毛を経験しています。

一般的には、出産の回数が多いほど抜け毛がひどくなり、髪並びや薄毛の形になると言われています。

しかし、心配する必要はありません。産後の抜け毛は、一般的に産後6〜12ヶ月で自然に止まり、徐々に回復していきます。

産後の脱毛症については、気分をリラックスさせておくこと、ストレスを溜めないこと、妊娠・出産時の仕事や休養を調整すること、などの点に注意が必要です。 ご家族の方は、妊婦さんにストレスや不安、抑うつなどの兆候が見られた場合には、一緒に医師の診察を受けてください。

妊娠・出産時には、十分かつバランスのとれた栄養を確保し、栄養価の高い食事を偏食せず、果物や野菜、植物性・動物性のタンパク質を多く摂ることで、髪の成長と栄養を確保することが大切です。

また、外出しないからといって髪を洗わないでいると、皮脂やほこりがたまって毛嚢炎になりやすく、抜け毛を悪化させてしまうので、衛生的な環境を確保する必要があります。

自分の産後の抜け毛についての正しい考え方は、仮に産後の抜け毛の影響が出たとしても、過度に不安になる必要はなく、一時的なものであることを認識し、精神的な過度の刺激の問題は抜け毛を悪化させるだけです。

産後の抜け毛は、他の種類の抜け毛と共存することがあります。もし、産前または産後1年経っても抜け毛がある場合は、他の重要な原因による抜け毛の可能性がありますので、学生を真剣に受け止め、適時、医師に確認する必要があります。

注目の記事:

出産後の抜け毛は正常な生理現象、抜け毛を減らすための注意点

女性にとって抜け毛はとても怖いものですが、産後の抜け毛の原因は何ですか?

生完孩子後,為什麼總是掉頭發? 這裏有四種方法來處理