異世界ものというラノベがある。
 異世界に転移したり転生したりした主人公が、
 神様から特別な能力をもらって無双するというのがだいたいのセオリーだ。
 現代の科学的な知識を利用したり、
 漫画や小説で鍛えたイメDream beauty pro 脫毛ージ力で、異世界には無い魔法を使ったり
 と やりたい放題に活躍する。

 そこには、たくさんの神様が登場する。
 白髪で長いひげを持ち、杖をついた定番ぽいおじいちゃんの神様や、
 美しい女神様はもちろんだが、
 酒ばかり飲んでいる暴れん坊のおっちゃんや、
 ジーンズにTシャツでロンゲの若い男神、
 眼鏡をかけたインテリ風、
 ゴズロリ風あるいはひらひらファッションの幼女神、
 と実にバラエティにとんだ神々が登場する。
 地球の神様と異世界の神様は、たいてい違う神様だnuskin 如新
 まごうこと無く、多神教の世界である。
 一神教では出てこない発想だ。

 一神教は、世界にあるものを分類する。
 分類して整理整頓する。

 多神教は、分類も整理整頓もあんまりしない。

 そんな気がする。

 だから、近代文明は、一神教の世界から急速に発展してきた
 多神教では、こうはいかない。
 一気に物事を増やすと、ゴミ屋敷になる。

 「天地創造」という映画がある。
 ピーター・オトゥールが ちらりと出てくる。
 観た時は神様かと思ったが、天使だったらしい。
 でも、神様みたいに登場する。
 天使には性別は無いことになっているが、
 ピーター・オトゥールはどう見ても糖尿上眼男だ。
 一神教の神様が人間の姿をとったら、たぶん男なんだろう。